無料で添削を確認!お試し添削実施中!

英検準2級の試験時間を細かく解説【2022年度版】

くみこちゃん

英検準2級を受験しようと考えています。先生、準2級の試験時間ってどれくらいなのか詳しく教えて!

お父さん

先生、準2級を受験する前に試験時間をしっかりと把握しておいた方が良いと思うんだよ。教えてやってくれよ。

今回はこの様なお悩みや疑問を解決します。「英検準2級 試験時間」といったキーワードで検索をされた方にピッタリの記事となっております。

  • この記事を書いている人

2級、準2級対策専門のアルファ

2級、準2級対策専門のアルファです。ライティング対策を中心として一次試験を包括的に対策しています。

2級、準2級の対策情報を提供するだけではなく、お試し添削や無料添削サンプルの提供等も実施しています。

この記事の内容
  • 英検準2級の試験内容
  • 英検準2級の試験時間

今回は、英検準2級の試験時間を細かく解説というテーマでお話していきます。

英検準2級の勉強を始めたい&始めているけど、試験時間が詳しくわからない」という方は多いのではないでしょうか。

そこで、一次試験、二次試験それぞれの試験時間について解説していきます。試験時間をしっかりと把握して、本番の試験にのぞみましょう。

目次

はじめに

英検を取得するメリットは、就職や留学などに有利になるからと思っている人も少なくありません。

英検には5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級などの7つの級があり、試験自体は年に3回実施されています。

中でも準2級は、高校中級程度のレベルの問題が出題されます。

まずは英検準2級の試験時間や出題形式などについて紹介していきます。

英検準2級とは

英検準2級は5級、4級、3級などの英語においての基礎的理解力を身につけると共に、応用力を審査し次のステップへ繋がる重要な試験です。

この試験では、日常生活に必要な英語を理解して使用できるということが求められ、メリットの範囲が一層広がります。

試験会場も全国各地にあり、比較的近い会場にて試験が受けられます。

英検準2級は中学の英語がしっかりと身についていなければ合格することは難しいのですが、中高生を中心に幅広い人が受験しています。

社会人の場合は職場によって英検2級以上の取得が有利になりますが、準2級の英検をクリアすることで自分に自信が付き、英検2級にステップアップしたいという目標に一歩近づくことができるでしょう。

英検準2級の試験内容

英検準2級は、一次試験と二次試験を受けて合格点に達すれば取得できます。

一次試験では(従来型試験の場合)筆記で測定技能と検定形式でリーディング、ライティング、リスニングなどを行います。二次試験では英語の面接となります。

【重要】英検準2級の試験時間

リーディングとライティングの試験時間は75分

リーディングとライティングの試験時間は合わせて75分です。試験時間内に必ず全問題に回答すると共に見直しができる様、過去問等を用いてタイムマネジメントをしていきましょう。

リスニングの試験時間は約25分

リスニングの試験時間は約25分です。音声は一度しか流れないため、約25分間、集中力を切らさない様にする事がとても大事です。

  先生

集中力が途切れてしまうと、そこから一気に音声が頭に入ってこないという場合もあります。普段から約25分のリスニングに慣れておくと良いですね。

一次試験の流れ

一次試験は、75分間のリーディングとライティング試験が終わった後に約25分間のリスニング試験が実施されます。

二次試験の試験時間は約6分

二次試験では英語での面接が行われ、時間は約6分になります。

個人面接にて、面接委員が応答内容や発音、語り、文法、情報量、積極的にコミュニケーションを取ろうとする意欲や態度などを評価していきます。

音読では50語程度のメッセージを読み、音読したパッセージの内容についての質問に答えたり、イラストの中の人物の行動を描写するなど、イラストに関する質問を行った後、受講者自身の日常生活の身近な事柄に対する質問に答えて終了となります。

二次試験の流れ

二次試験の流れのまとめ

1.係員の指示に従い面接室に入る

2.面接委員に面接カードを渡す

3.面接委員の指示により、椅子に着席する

4.氏名と級の確認を行った後、簡単な挨拶をする

5.面接委員から問題カードを受け取る

6.パッセージの黙読を20秒行う

7.パッセージの音読を行い、タイトルから最後まで読み上げる

8.パッセージについての質問

9.イラストについての質問

10.問題カードを裏返す

11.受講者自身の意見を質問される

12.問題カードを面接委員に返す

13.退室

※退室後は会場から速やかに退場し、控室に戻ります。待機中の受験者と話をしてはいけない、というルールがあります。

英検準2級試験の開始時間(従来型試験)

英検準2級試験の開始時間は決まっております。

一次試験の開始時間
  • 入場開始時間:8:50
  • 着席時間:9:40
  • 試験開始時間:10:20
  • 終了時間(目安):12:05

※金、土曜日に実施される準会場の場合、上記とは試験時間が異なるため注意

二次試験の開始時間等
  • 午前の実施

※具体的な時間については二次試験の受験票にて指定されています

試験後に成績表が送られてくる

試験後は合否判定だけでなく、合格ラインをどのくらい上回ったのか、下回ったのかを示した成績表が送付されます。

合格ラインを遥かに上回ることができた場合は自身の英語力に繋がり、大幅に下回っていた場合は、もっと頑張ろうとモチベーションがアップするので、再度試験を受けるときの参考になります。

申し込みから試験までの流れ(従来型試験)

英検準2級の試験を受けたいとき、個人の場合はインターネットやコンビニ、特約書店などから申し込みが可能です。

ネットから申し込みを行う際は「英ナビ!」にてユーザー登録を行い、英検IDを取得して申し込み・データ入力を行い、決済したら申し込み完了になります。

準2級の申し込みを行うと、試験の1週間前までに自宅に一次試験の受講票が届き、最近6ヶ月以内に撮影した自身の写真を一時受験票に貼り付けます。

試験当日は会場にて身分証明書で本人確認を行った後、教室に入り試験監督の指示によって筆記試験の開始となります。

筆記試験の後はリスニングテストを行い、一次試験の結果は二次試験の1週間前までに自宅に到着します。

合格者には一次試験の個人成績表と二次受験票が自宅に届き、不合格の場合は一次試験の個人成績のみが届きます。

日本英語検定協会の公式サイトを確認しよう

今回の記事は、日本英語検定協会の公式サイトの内容を引用しながら、わかりやすく解説してきました。最新の情報や、より詳しい情報については日本英語検定協会の公式サイトをご確認ください。

まとめ

今回は、英検準2級の試験時間を細かく解説というテーマでお話してきました。

就職や留学などで英検を取得しようと思う人は多いと思います。実際の就職で英検2級以上が求められることもありますので、準2級は次の試験への重要な一つのステップです。

アルファでは英検2級、準2級対策専門サービスを運営しております。独学での対策が難しいライティング対策に強みを持ちながらも、リーディング、リスニングを含めた一次試験を包括的に対応しています。

英検準2級の取得に向けて英語力を伸ばしたい、苦手な点を克服したいという方は、是非アルファのホームページをご確認ください。

2ヶ月などの短期間で試験に合格したい、継続しやすい料金帯のサービスを探している、自宅で勉強できるサービスを求めているというご要望にぴったりのサービスとなっておりますので、是非ともご検討いただければと思います。

弊社サービスのお申し込みやお問い合わせ等は下記のボタンからお願いします。お試し添削も随時実施中です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次